おしえてください
2003年4月
 初めまして、私は33歳の金沢市民です。県議選は、誰に投票しようか情報を集めているところです。
 こちらへは、選挙広報からホームページを見てきました。電話というのはなかなかしにくいものなので、こんなふうに双方向でやりとりできる議員さんが増えたらいいと思います。

 県議会では、イラク情勢に関して、いちはやく平和的解決を求める意見書を全会一致で可決していただき、ありがとうございます。

 先日の毎日新聞を読んで、疑問をもちました。ひものさんは、首相の方針を支持する、でしたね。自民党だから当然かもしれませんが、本当はどうなのでしょう?党議拘束ですか?私は市議会などにも陳情したものの一人なのですが、私個人の目的は、いきなり政府に何かを出しても取り上げられにくいので、まず身近な議会から動いてもらおう、というものでした。これまで無関心であったことも、市民として無責任であったと思うので、身近な議員の方に声を届けようと。
 結果、全国の地方議会、700あまりから、政府に意見書が届いたと聞いてます。
 小泉首相の方針は、民意に反するものであったし、意見書は可決するが、首相は支持する、というのは私の中では相反することなのですが。
 党議拘束などに縛られず、ひものさんの本音がお聞きしたいです。
 やみくもに従うのでなく、まずその前に自立した一国民であってほしいし、党内でも活発に意見を言ってほしいと。

 アメリカが間違っているかもしれないし、また、戦争に反対することは、すぐアメリカに反対する事ととられがちですが、私はそうは思いません。
 アメリカもイラクもフランスも日本も含めた、世界を救いたいのです。
 合衆国も、独立する州がでてくれば、ソ連のように簡単に崩壊しますし、経済的にも、将来は非常にあやういと思います。
それに従属する日本は目も当てられない・・・

 石油消費量を減らす努力も併せてするのはもちろんですが、恨みを買えば買うほど、中東の中のアメリカ植民地は非常にあやうい存在だし、日本の存在も似たようなものだと思います。
 そうなる前に、食料やエネルギー自給率など含め、自立する力をつけていきたいのです。