■No.260 東京オリンピック
H24.5.21発


東京オリンピック

 東日本大震災からの復興や消費増税論議に耳目が集まって影が薄くなっている気も致しますが、今年は4年に1度の五輪イヤーです。そんな中、ロンドン五輪の開幕まで、あと約2ヶ月にせまり、徐々にメディアも五輪関係の話題を取り上げることが多くなってきました。
 ロンドンオリンピックには、すでに石川県からもカヌーの松下桃太郎選手やトランポリン、陸上競歩、ウェイトリフティングなどの選手の出場が決まり、さらに13日には地元金沢出身の柔道の松本薫選手の出場も決まり、金メダルの獲得に大きな期待がかかっています。また、復興への元気をもらおうと、日本選手の活躍を今から心待ちする被災地の人々も多いでしょうし、石川県民はもちろん全国民が大きな期待を感じていると思います。
 さて、8年後の2020年開催の夏季オリンピック開催に向けては、現在、東京都が立候補しているのは皆さんご存知でしょうか。このオリンピックでは「復興五輪」を掲げ、競技の一部を東北で開催することも検討されており、実現すれば、全ての日本国民にとっても大きな励みとなると考えます。
 しかし、招致運動では、国民からの開催への支持率の高さが要求されているのですが、残念ながら招致を目指す世界の5都市の中では、数字的に一番苦戦していると聞きます。オリンピック誘致運動の盛り上げに、ぜひ石川県が全国に擢んでて取り組んでいただきたいと思いますが、皆さんもぜひとも宜しくお願い致します。

(H24.5.21)