■No.248 新年度の障害者スポーツ
H24.2.20発


新年度の障害者スポーツ

 スポーツ基本法における障害者スポーツに関する基本理念では、「障害者が自主的かつ積極的にスポーツを行うことができるよう、障害の種類及び程度に応じ必要な配慮をしつつ推進されなければならない」と謳われているのですが、文科省では新年度平成24年の予算において、日常的なスポーツ活動に関する研究費を計上し、今後厚労省との連携も視野に入れております。
 昨年末、石川県議会での教育長の答弁には、健康福祉部や関係機関と連携し、障害のある方々にも、一層の支援に努めるとあり、石川県障害者スポーツ協会を始め、私ども関係者の間では大きな期待を持って見守っているのです。どなたでも一度障害者スポーツの会場に足を運んでみれば解るのですが、そこには、一般、学生を問わず、常に多くのボランティアの皆さんが頑張っており頭が下がります。そのことを解っていただければ、当然、新年度の予算や施策にも反映されるのではと思っているのですが。

(H24.2.20)