■No.227 全国知事会
H23.7.16発


全国知事会

 これまで全国知事会の副会長として活躍していた谷本知事には、今度は会長として、北陸新幹線開業を控える石川県を全国にアピールすることに大きな期待を持っていましたが、谷本知事は石川県政を最優先すると不出馬の意向を示し、結果推薦した山田京都府知事が会長に当選しました。
 知事会は、一時「戦う知事会」を標榜した時期があり、当時は突出して目立った知事さんが大勢いましたが、最近は少し様子が変わってきています。そんな中、今回の会長選挙では山田京都府知事と上田埼玉県知事の間で接戦が演じられたのですが、今こそ必要とされる知事会の一致団結に影響は出ないのでしょうか、少し心配になります。
 特に、「地域主権関連3法」が4月28日に成立したことにより、関係閣僚と地方代表が協議する場がこれから設置されるのですが、ここへきて地方分権の進捗が俄然期待されているのです。
 また山田新会長は「日本の危機に立ち向かう知事会」を目指すとし、原発安全対策にも意欲を燃やしているのですが、副会長を続け、益々存在感が高まる谷本知事にはしっかりと新会長を支えながらも、石川県からの情報発信にも極力努力していただきたいものです。
 

(H23.7.16)