■No.65   H17.12.21発


 毎年この時期になりますと一年を振り返って見るのですが、残念なことに今年もハリケーンや地震など自然の猛威、テロ、腹立たしい事故、痛ましい事件等々で、 尊い多くの生命が奪われたことが強く印象付けられた年でした。
 小泉内閣も総選挙の結果を受け、来年迎える任期一杯に向け一層改革の歩を早めているようですが、昨今の世論調査からは、国民の「改革と小さな政府実現」 への期待は益々高まっていることを感じ取ることができます。いずれにしろ、本当に安心、安全な世界の実現を心から願い、真に国民のための改革になるよう望みたいと思います。
 さて、今般誕生した第3次小泉改造内閣には、本県から沓掛哲男参議院議員が国家公安委員長・防災担当大臣に、さらには馳浩代議士が文部科学副大臣に就任されました。 「構造改革路線のサポート」と「ふるさと石川県の発展への支援」への甚力を期待しながら「他にぬきんでた石川県」を目指すために谷本知事をはじめ、 ふるさとの皆さんとも「相互の意思疎通」を図っていただき、これからも頑張っていただきたいと思います。


(H17.12.21)