■No.10   H15.11.20発


 先般行われた総選挙は、自民対民主の対決あるいは政権選択の選挙といわれ、どの程度その判断基準となったかは別にしても、各政党政権公約を発表しての流行語にもなったいわゆるマニフェストが話題となりました。
 しかし、経済再生、憲法改正、安全保障、社会保障、教育基本法改正、治安回復等々、国のあるべき姿がどこまで議論をされ、有権者に浸透したかは疑問の残るところであり、今後、これらの議論を積み重ねることにより、マニフェストより厚みのあるものになっていくことを大いに期待したいと思います。皆さんはこのマニフェストについて、どのような評価をされるえしょうか。

(H15.11.20)