■No.9   H15.10.1発


 ご承知の通り運動会シーズンであります。私も先日近くの中学校の運動会に行ってまいりましたが、昔とはあまりにも違う様子には、驚くと同時に、正直言って大変がっかりさせられたのであります。
 それは、校長先生や生徒会長のあいさつに続き、どこでも同じようにやっている準備運動、つまりラジオ体操のことでありました。
 私が知っている限り、昔はこのラジオ体操、生徒達は代表にあわせて真剣にそして整然と行われていたのでありますが、その学校では多くがバラバラで、ほとんどいい加減にやっている生徒の姿も数多く見せられたのであります。校長先生も少し気になったのか「防火訓練などではきちっとできています」と言い訳じみたことをおっしゃっていましたが、今の時代はこんなものなどと決して私には納得はできません。
 多分この学校だけが例外ではないと思いますが、果たして教育の基礎的指導が行きわたっているのか、ラジオ体操を見れば押して図るべしであるとの疑問を感じたのは私1人だけではなかったようであります。
 うがった見方かもしれませんが、「こんな子供が起こしたの」と驚くような子供に起因する様々な事件が頻発する今の世情も、もとはこのようなことが原因ではと、日本の将来をいささか心配したのであります。皆さんのご感想を承りたいと存じます。

(H15.10.1)