■No.2   H13.4.28発


金沢そして石川の未来に責任を取れる政党はどこか、政治家は誰なのか。私達は、真剣に考えなければなりません。大切なのは、政治家の視点です。まず、時代を見据えた長期的な視点が必要です。現在は変革が求められています。しかしそれは、あくまでも安定の中での変革です。現状をただ打破するだけの変革は、未来の基礎をなす、今を生きる人々の安定を否定します。住民との暮らしを見つめる、住民からの視点、これとの調和を考えてこそ、未来に責任のとれる政党であり、政治家だと思います。別に小泉純一郎政権が国民的な人気を得ている時期だから言うのではありませんが、そうであるならば、皆さんの信頼に応えられる政党は、やはり自民党しかありません。もう一度原点に戻りましょう。そうすれば「やっぱり」自民党なのです。実績と絶え間ない自己改革をするオープンな自民党です。
 私をはじめ自民党が、参議院議員選挙に自信をもって送り出すのが、現参議院議員のくつかけ哲男さんであります。何よりも謙虚で誠実で苦労を知っている、そして政策に明るい人物です。変革の時代です。どうか、誠実かつ優秀で政治に情熱を燃やすくつかけ哲男さんに再選の道を開いてやってください。
 それでは、皆様方のご理解、ご協力をお願い申し上げます。