日付をクリックしてください
[12月20日] [6月10日]


2002年12月20日(金)
総合スポーツセンター
質問
 総合スポーツセンターの建設に当たって、健康福祉部として障害者スポーツのためにどう発言していくつもりか。
   
奥村二郎件健康福祉部長
 積極的に障害者スポーツが行えるよう教育委員会に要望していきたい。
質問
 総合スポーツセンターの完成を記念して世界的規模の大会を開催することは考えてはいないのか。
   
山岸勇教育長
 まだ具体的な働きかけはしておらず、情報収集をしている段階である。
     
青少年研修センター
質問
 青少年研修センターの利用状況はどうか。
  
大井勲夫県民文化局長
 利用率は11月現在までに約2万2,000人、宿泊者は約6,000人となっている。総合研修センターという性格上、自主事業に力を入れている。
  
要望
 どんどんPRして稼働率を上げてもらいたい。また、もう少しバリアフリーにも配慮してもらいたい。
  
 


2002年6月10日(月)
新しい養護学校の構想
質問
 新しい養護学校の構想について、教育委員会と健康福祉部でよく相談して現場関係者の話も聞いてほしいが、どう考えているか。
   
山岸勇教育長
 子供たちが真の養護教育を受けていくためには、施設の人たちとの連携も大変大事であり、改めることがあれば強く指導していきたい。また、整肢学園の整備計画には健康福祉部からいろいろな指導、助言があると思う。

奥村二郎件健康福祉部長
 石川整肢学園は建物が老朽化したことから移転の計画があり、教育委員会や整肢学園と密接に連携して進めて生きたい。 
  
障害者スポーツ協会
質問
 以前から障害者のスポーツ協会を石川県につくってほしいという話があるが、どういう状況になっているか。
  
山岸勇教育長
 全国には、知的障害者スポーツ協会と障害者スポーツ指導者協議会の2つの団体があるが、石川県では知的障害者スポーツ協会は設立をされていない。
    
質問
 障害者がスポーツをする際、体育施設の使用料で減免措置のない市町村がいくつかある。県がリーダーシップをとって指導すべきではないか。  
  
山岸勇教育長
 市町村ではまだ減免措置のないところもあるようだが、障害者の代表も交えてスポーツ振興基本計画を策定しており、その議論も踏まえながら市町村に積極的な対応をお願いしていきたい。
  
土壌汚染
質問
 近年、土壌汚染が問題になっているが、民間も含めて、陸上自衛隊や警察などの射撃場で土壌汚染はないのか。
  
山岸勇教育長
 いずれの施設も土壌に問題はないという調査結果が出ている。