一般質問 H18.2.10



2006年2月議会
金沢大学に関連して
質問
 金沢大学にどんな期待をもっているのか。

谷本知事
 日本海側の基幹大学として一層発展し、本県にも貢献していただきたい。

質問
 工学部跡地利等について審議会や委員会を設置し、各界リーダーの英知を集めよ。

谷本知事
 金大、県、金沢市の次回連絡会で伝え、議論してもらえばと思う。

質問
 大学コンソーシアム石川への支援体制は。

谷本知事
 高等教育機関全体としての魅力向上を図るための取り組みと評価しており、バックアップしていく。


本多蔵品館・県出羽町分室
質問
 兼六園周辺文化施設の統廃合検討を。本多蔵品館を他施設に統合し、県出羽町分室ともに撤去してはどうか。

谷本知事
 老朽化が進む施設については、中長期的に何らかの対応が必要になってくるので、将来的な撤去は避けられない。


私学問題
質問
 少子化の中、私学振興をどうするのか。

谷本知事
 その役割は今後さらに大きなものになると考えている。

質問
 専修学校各種学校に対する私学振興資金貸付けの利子補給をすべき。

稲岡総務部長
 制度のあり方について改めて検討したい。


子供に係る問題
質問
 子育て支援で、企業に協力を求めることの所見は。

谷本知事
 企業が子育て支援に積極的に参加する仕掛けを国、県が作るべき。

質問
 県内の要保護児童対策地域協議会の設置状況は。

谷本知事
 虐待の早期発見、児童相談所への迅速な運営につなげる研修をしたい。

   
  

木村健康福祉部長
 すでに県内八市町が要保護児童対策地域協議会を設置し、四月までには全市町で設置を終える見通し。

質問
 学童保育への支援は。

木村保健福祉部長
 いしかわエンゼルプランの目標である221ヶ所設置に向け努力する。


医療問題について
質問
 国の医療制度改革大綱を見据え医療保健計画を策定すべきでは。

木村健康福祉部長
 昨年末、国が従来の医療計画を変更したので、2007年度末に国の計画に沿った県の医療計画を策定する。
 一方で、2006年度に、新指針に沿って策定可能な部分は見直し、暫定版を策定。必要な事業は積極的に前倒し実施していく。

質問
 医薬分業への支援策は。

木村健康福祉部長
 昨年度の院外処方箋受取率が31.1%となった。県として休日当番薬局制度の実地を引き続き支援し、医薬分業推進に努める。

質問
 後発医薬品利用促進への所見は。

木村保健福祉部長
 不適正な医薬品が流通しないよう、監視・指導しながら、後発医薬品について一層のPRをしていきたい。


地震保険
質問
 県民への普及PR策は。

安田環境安全部長
 全国的に遅れており、本県では機会あるごとに普及啓発していきたい。



建築業者情報
質問
 耐震偽装問題への手立てを示せ。

岡田土木部長
 県内建設業者の許可業種などを県のホームページに掲載するが、今後、情報内容を検討したい。また宅地建物取引業者の情報掲載は、 全国でも珍しい試みと思っている。



校内喫煙
質問
 学校では完全禁煙より、分煙が適当では。

山岸教育長
 全国的にも敷地内完全禁煙の方向であり、そう指導していきたい。


県体育協会
質問
 基本財産運用益が減っている。支援企業の確保が必要では。

山岸教育長
 低金利で財源確保に正直言って苦慮している。今年度は加盟団体の会費を増額改定した。


小松→ソウル便
質問
 小松→ソウル便存続への決意は。また路線継承と利用拡大に積極的に尽力せよ。 

谷本知事
 大韓航空が就航すれば、県内はもとより、韓国内におけるPR、キャンペーンに積極的に取り組みたい。