本会議での発言 H15.10.1

2003年9月議会
マニフェスト
質問
 知事の所感は。
  
谷本知事
 マニフェスト作成は、専門スタッフの確保が課題であり、議会の形がい化につながるとの指摘もあり、地方では試行錯誤が必要な制度だ。
  

金融機関との関係について
質問
 郵便局の積極的活用をはかり、県職員の給与振込みも利用できるようにせよ。
  
田谷総務部長
 金融市場が大きく変化しており、調査研究していく。
  

金沢城、兼六園の世界遺産
質問
 金沢城、兼六園の世界遺産登録に向けた運動に取り組むべき。
谷本知事
 理想は高く掲げ、夢を将来に託すことも大切であり、登録を念頭に手厚い管理を施し、文化遺産としての価値を高める施策を展開していく。
  

組合区画整理事業
質問
 金沢外環状の進捗状況は。
  
福本土木部長
 現在63%の進捗状況であり、平成17年度中完成を目指す。
  
質問
 厳しい経済状況の中での支援策は。
  
福本土木部長
 事業採算性の確保が図られるよう、金沢市とともに努力する。
  

教員の早期勧奨退職制度
質問
 対象を35歳以上に引き下げる秋田県の制度への見解は。
山岸教育長
 30代から40代の教員は豊かな経験を持ち、戦力だ。50歳以上を対象にしている県の制度を当面続けたい。
   

学校教育
質問
 学校の運動会におけるラジオ体操の様子を見ると、基礎的指導が行われているのか疑問。
   
山岸教育長
 何事にも真剣に取り組むことが必要。学校へも指導する。
   

警察署と交番
質問
 新設や配置個所見直しを検討せよ。
横山雅之
 県警本部
 地域住民から要望があるのは承知しており、総合的な見地から対応している。
   

県庁跡地のNHK移転断念、山出市長が後出しジャンケン?
(H15.10.1 北国新聞)
「山出金沢市長が、後出しジャンケンで勝ったような話だ」
 紐野氏はNHK金沢放送局の県庁跡地移転論議をめぐる一連の山出市長の姿勢に疑問を投げ掛けた。
 山出市長が最終判断を示したのは、先月の市都市景観審議会の建議を受けてからで、移転構想浮上から十ヶ月後。紐野氏は「市議会九月定例会では、市長は端からNHK移転は無理と考えていたような物言いだった」と批判し、市に跡地を売却して利用も全面的に任せるべきとも指摘した。
 もっとも、谷本知事は「跡地は県、市が一体で整備するとの申し合わせがある」と述べるにとどまり、市長の対応については見解を避けた。