'98年2月定例議会
地方債の引き受け
質問
 地方債の引き受け先から北國銀行が除外された状態が続くと、県、市町村の財政運営に支障が出るのではないか。
坂本総務部長
 県内自治体の資金調達に支障がないよう県として努力したい。

法人県民税の超過課税
質問
 現在の景気低迷は心理不況であり、明るい材料を提供する必要がある。法人県民税の超過課税を県が率先して引き下げ、廃止せよ。
谷本知事
 景気対策には別の施策展開で対応していく。

外郭団体見直し必要
質問
 外郭団体の見直しを図れ。
谷本知事
 性格や役割をチェックし効率的な運用ができるよう見直しを図る。

坂本森男総務部長
 現在、有名無実、休眠状態にある法人はない。

金沢大学
質問
 金大と都心との間の交通アクセスの充実が必要ではないか。
谷本知事
 将来、角間キャンパスは工学部等の移転で一万人近くの学生教職員となる。都心へ気軽に足を伸ばせるよう交通機関に働き掛ける。

兼六園
質問
 兼六園の総合的調査の内容と構想は。
谷本知事
 樹木、土壌や入園者の実態調査を行なう。樹木の管理方法や土地改良計画など再整備計画を検討したい。

大河ドラマ
質問
 NHK大河ドラマ誘致の取り組みについて、知事の姿勢は。
谷本知事
 誘致に向けて具体的な運動を経済界、各層で盛り上げていきたい。

記者コラム:イベント誘致で知事

 4月に来日するロシアのエリツィン大統領と橋本龍太郎首相との会談開催地に、石川県が名乗りを挙げていなかったことに対し、紐野氏が「厳しい都市間競争に打ち勝つには、知事の『やる気』が必要だ」と谷本知事の姿勢をただし、大型イベント、大会の積極的な県内誘致をもとめた。
これに対し谷本知事は「アンテナを高く上げながら、イベントなどの誘致に努力したい」と述べた。エリツィン大統領について、谷本知事は6年前の来日、来県計画に際し、周到な受け入れ準備をしながら、数日前に一方的にキャンセルされた経緯を示し、「びっくり仰天した」と振り返った。さらに同知事は、今回、大統領側に太平洋側の暖かい所で会談したいという強い意向があると紹介、誘致運動をしていても結果的に実らなかったと言わんばかりの見方も付け加えた。
(H10.2.11 北國新聞より)