1994年12月定例議会
新長期構想
質問
 新長期構想の策定には、石川県の独自性を打ち出す文化施策の目標の策定が必要。
谷本知事
 県21世紀文化構想懇談会の答申を受けて、来年度に文化指針を策定する。具体的な計画となるアクションプログラム邦楽会館とコンサートホールの建設を盛り込む。

知事の政治姿勢
質問
 知事の政治献金はどうなっているか。
谷本知事
 収支状況を明らかにして県民の疑惑を招かないよう公明正大でなければならない。
質問
 中部9県知事に対する政治資金関連アンケートで「回答を控える」としたことについてはどうか。
谷本知事
 事件を詳細に承知せず、(中川府知事が)石川ゆかりの人でもあり、回答を控えた。

中核市
質問
 金沢市の中核市指定にどう取り組むのか。
井原総務部長
 金沢市が希望する8年4月の中核市移行となるよう努力する。

県民文化祭
質問
 県が来年度の開催を計画している県民文化祭の内容や準備状況は。
谷本知事
 邦楽などの伝統芸能を柱として、来年11月頃に金沢市を主会場に開催する。さらに県民文化祭は、文化立県を目指すための柱の1つであり、幅広い県民が参加できる内容を目指して計画を詰める。

民間国際交流への支援
質問
 国際交流組織の事業が輻輳している。組織集約の考えは。
谷本知事
 分散している国際交流機関を国際交流拠点施設に集中させ、窓口一本化などに取り組む。
質問
 留学生会館の誘致見通しはどうか。
谷本知事
 留学生会館に対する国の予算措置の状況を見ながら、時期を失することなく対応する。
質問
 アジアフォーラムやジャパンテントなど民間の国際交流事業への支援意欲を問う。
山岸県民生活局長
 民間の有意義な国際交流事業に今後も財政援助したい。

記者コラム

 紐野氏は中川大阪府知事の後援会献金事件を取り上げ、谷本知事に「このような問題は絶対ないか」とただした。知事は「政治献金は民主政治が健全な発展を遂げるための国民の浄財と思う。県民の疑惑を招くことがないよう公明正大に扱うべきだ」と述べ、政治資金規正法に基づいて選管に届けた政治団体が3団体あることを明らかに。谷本知事は大阪府の事件については「中川知事は石川県ゆかりの人で、関西県人会でもお世話になっている」と複雑な心境も垣間見せたが、締めくくりには「紐野議員ともども、お互い政治家として心していく必要がある」と切り返し、「一本取った」つもりの紐野氏も苦笑い。
(H6.12.10 北國新聞より)