1993年2月
金大跡地購入
質問
 金大城内キャンパス、金大附属小中学校の跡地購入に関して県側の見解は。
中西知事
 金沢市との共同での買い取りは、線引きが大変。県が全面的な責任を負うべき。国との価格交渉は、金額により、県財政の根底を揺るがす問題になるが、常識の線で納まると思う。
畑中企画開発部長
 金大跡地等利用懇話会の提言と県庁舎改築問題との関連は、兼六園周辺文化ゾーンとしては一体的、懇話会の提言は県庁移転いかんにかかわらない。


附属小中の移転計画は
質問
 金大附属小中学校の平和町への移転計画を示せ。
畑中企画開発部長
 5年度予算で敷地造成費などが措置され、国に来年度着工を強く働きかけていく。

金大跡地は
質問
 金大跡地利用策で金沢商工会議所の提言をどう見るか。
畑中企画開発部長
 空間利用の重視など基本認識はその通りであり、参考にしていきたい。

交通緩和施策は
質問
 金沢市の違法駐車防止条例の対象区間延長や右折禁止交差点を増やす考えはないか。
伊藤警察本部長
 区間延長は市と協議しており、右折禁止増は検討したい。

スポーツセンター
質問
 用地買収する総合スポーツセンターの建設構想はどうか。
中西知事
 市と2重投資とならないためには工夫が必要であり、今後検討する。

スポーツレクリエーション祭
質問
 誘致を進めていた全国スポーツレクリエーション祭の開催の見通しは。
肥田保久教育長
 第10回全国スポーツレクリエーション祭の開催については、沖縄の本土復帰25周年により、同県も強い要望あり沖縄での開催が決定した。

金沢駅武蔵地区駐車場整備構想
質問
 金沢市の調査を踏まえた金沢駅武蔵地区駐車場整備構想の中身は。
西村昭孝商工労働部長
 新年度は建設コスト、採算面で最終検討に入る。

記者席 "某高官"っていったいだれ

 「大学移転を陳情したのは県だ。政府某高官はこういう言い方をするが、とんでもない。金大は移転すべく移転したのだ」。2月10日の県議会予算特別委で紐野義昭委員の金大跡地問題の質問の知事答弁の中で、"某高官"が2度も飛び出し、県議の中でも某高官ってだれだと憶測を呼んだ。
 金大跡地の取得についての中西知事の「大学移転は重大な国家事業。いたずらに地方財政に負担をかけるべきではない」「金大小中学校跡地はもともと県有地。GHQ(連合国軍総司令部)の強い勧めで国に無償譲渡した。買い取りに関してはこの事情を加味すべきだ」などの持論展開の過程での"過激"発言。
 一時は「この政府某高官をもってすれば付属小、中の移転は陳嬢にそうというが、陳嬢という言葉を使うのはけしからん」とエスカレート。議場からも「高官ってだれか質問しろ」との声もかかったが、最後は知事の「誤解を招くようで、前言を訂正するようですが、かつて高官であった人という意味」の答弁でけりがついた。
(北陸中日新聞より)

記者コラム 「感情論」の胸の内せんさく-金大跡地で知事

 紐野氏の金大城内キャンパス跡地購入の質疑で中西知事はいらだちを全面に。いわく「大学移転は重大な国家事業。競売などできず、国にも弱みがある」。さらに「大学移転を陳情したのは県だという某高官がいるが、とんでもない。大学は移転すべくして移転した」と語気を荒げた。金大附属小中学校の跡地買い取りでも、紐野氏が「値切りすぎて事業の進捗が遅れないように」とただすと、中西知事は部長答弁をさえぎる形で登壇。「もともとは県有地だ」と3度も繰り返し、再び「某政府高官」との物言いで「これも陳情に相当すると言っているが、こんな言葉を使うのはけしからん」。勢い、議員席から「高官とはだれだ」の声も。もっとも、質疑内容が変わった途中に「先の発言は某高官であった人」と前言を訂正する場面もあり、感情論に走らせた知事の胸中も含め詮索は尽きず。
(北國新聞より)