明けましておめでとうございます。

 新しい年を迎えましたが、今年は元旦から暖かい日が続き、皆様にはご家族おそろいで健やかにお過ごしのことと存じます。
 日頃は何かとお世話になり感謝申し上げるとともに、昨年4月の県議会選挙では、皆さんに色々とお世話をいただき、おかげさまで七期目の当選を果たすことができました。これからも毎日元気一杯に活動し、期待に応えることができるよう努力してまいりますので、引き続きのご支援、ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。
 さて、今年の夏には、参議院選挙が予定されておりますが、昨年様々な議論に沸いた安保法制や来年の消費税値上げ問題がある中、多少の心配もありますが、安倍内閣の評価が問われる重要な選挙になるかと思います。石川県選挙区では、すでに現職岡田直樹参議院議員が党公認を得ておりますが、この三度目の挑戦を確実なものにしていかなければなりません。私も県連総務会長また金沢支部長として、力いっぱい責任を果たさなければなりませんが、皆さんにもご理解、ご協力を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。
 2016年は申年。申(さる)年は相場の変動幅が大きく荒れる年ともいわれていますが、乱高下が続いている今年の相場はどうなるのでしょうか。引き続き、アベノミクス効果が国内の隅々にまで広がり、真のデフレからの脱却と経済の一層の飛躍を期待したいと思います。
 いずれにしろ、政治は皆様の声を反映したものでなければ何の意味はなく、日々の暮らしと政治を身近に結びつけるために「家庭での率直な声を県政に届ける」ことが私の仕事であります。これからも、地域の発展はもちろん、街づくりや中小企業対策、教育・スポーツ・音楽・国際交流さらには福祉・環境問題など、多くの課題に向かって、前進しなければなりません。
「皆様に喜んでいただける仕事をしたい」と言う言葉をつぶやきながら、今年も一生懸命、愛するふるさとである石川・金沢の発展に向けて頑張り続けたいと思っています。

平成28年 新春

石川県議会議員
紐野義昭