拝 啓

 皆さま方にはお健やかにお過ごしのことと存じます。日頃よりのご支援とご指導、ご鞭撻に、心より感謝申し上げます。
 4月には皆さんからの審判を仰ぐことになりますが、初当選以来「皆さまに喜んでいただける仕事を力一杯すること!!」を肝に銘じながら、6期24年間、一生懸命努力してまいりました。
 この間には、厳しいご指導や私にとり大きな試練の場面もありましたが、県議会議長や自民党石川県連幹事長という重責を担わせていただき、さらには金沢市長選挙や国政選挙においては何度も責任ある立場で、取り組むことができました。大変お世話になり心より感謝いたしております。
 申し上げるまでもなく、政治は皆さまの声が十分に反映されるとともに、暮らしの身近なところにあるべきであり、その実現のために努力し続けることが私の役割であります。
 そこで今回の選挙にあたっては、「実感できる」「石川に輝き」という言葉を胸に刻み、元気なふるさとを実現するために「福祉」「スポーツ・教育」「安心・安全」3つの柱をかかげて、全力で取り組んでまいります。
 いよいよ3月14日には、石川県政の最大の課題である北陸新幹線が金沢まで開業します。その効果を1日でも長く、そして県内のすみずみまで広げること、さらには2020年に東京オリンピック・パラリンピック大会を控え、新しい石川・金沢の街づくりの実現、金沢港や金沢城公園の整備などのハード事業や福祉医療、環境保全、観光交流などのソフト事業、加えて、多くの生活に密着した課題の克服、問題解決、また、「県市一体」の施策充実を目指し、山野之義金沢市長と石川県とのパイプ役としての役割を果たすためにも、目的達成に向けて全力で頑張り抜く所存であります。
 以上、県議会議員選挙7期目に向けての決意の一端を述べさせていただきましたが、今後とも変わらぬご支援、そしてまた叱咤激励をお願い致します。 
 皆さまのご自愛をお祈りし、ごあいさつと致します。

敬 具
平成27年 早春

石川県議会議員
紐野義昭