拝 啓

 新年 明けましておめでとうございます。

新年を迎え、皆様にはご家族お揃いで健やかにお過ごしのことと存じます。日頃よりの温かいご声援と叱咤激励を賜り、心より感謝申し上げます。本当にありがとうございます。
 2007年昨年を振り返ってみますと、個人的には4月の県議会議員選挙において、皆さんのご支援、ご協力のおかげで5度目の当選を果たすことが出来たことが一番大きな出来事でした。改めて皆さんに御礼申し上げたいと思います。しかしながら残念なことに、昨年も能登や新潟を襲った地震など自然の脅威、海外でのテロ事件、さらには官僚の汚職など腹立たしさを感じる事件、そして、親が子供を子供が親を、いとも簡単に殺害する惨劇が強く印象づけられた年でありました。振り返ってみますと一体日本はこれからどこに向いて進んでいくのでしょうか、考えさせられるところであります。それでも来年こそはと、いつまでも心安らかに、かつ安全に暮らせる日本、世界の実現を心から願いつつ、皆さんと共に、これからも頑張って行ければと思っています。どうぞ、引き続きのご指導ご鞭撻を宜しくお願いいたします。
 いずれにしましても、政治は皆様の声を反映したものでなければ意味がなく、暮らしと政治をいつも身近に結びつけ「家庭での率直な声を県政に届ける」ことが私の役割です。地域の発展はもちろん、町づくりや中小零細企業対策・教育・スポーツ・音楽・国際交流・福祉や環境問題等、多くの課題に向かって、愛すべき郷土、金沢発展の為、これからも頑張って行きたいと考えています。
 今年は十二支の最初の子年。まめまめしく、これからも「皆さまのお役に立てる仕事がしたい」という言葉をつぶやきながら、大きく頑張って行きたいと思います。

敬 具
平成20年新春

石川県議会議員
ひもの義昭