拝 啓

 
 秋も深まり、冬の季節が頭をよぎる頃となりましたが、皆様には、いかがお過ごしでしょうか。皆様ご家族お揃いでお元気のことと存じます。
 日頃は何かとご指導をいただき、心より感謝いたしております。厳しい時代とはいうものの皆様の期待に応えるために、これからも懸命に頑張りぬきたいと思っておりますので、どうぞ宜しくお願い致します。
 さて、今夏の参議院選挙での大変残念であった全国的な自民党の敗戦、そして、まさかの安倍総理の突然の辞任、まさに「政治の世界は一寸先は闇」であることを実感しましたが、その後を受けて多くの自民党員の支持を得て登板した福田康夫新総理総裁が就任して約2ケ月、ねじれ国会の中なかなか厳しい運営を強いられておりますが、持ち前のひょうひょうとした姿になんとなく救われた気もしています。国民の皆さんとの約束である小泉・安倍両内閣で目指した「改革」は、小さな政府の実現、民間主導の社会を築く道への移行であり、同時に財政再建に向けての努力であります。大いに期待をしたいと思います。
 私の方は、春の統一選挙後、初の臨時議会では総務企画常任委員会委員と地域振興特別委員会委員長をおおせつかりました。さらに、9月議会では、久しぶりに一般質問にたちましたが、議会中に決算特別委員会委員長にもご指名いただきました。将来の道州制ということもありますが、新しい発想で決して他県に負けない活力ある石川県を作り上げるためには、何が必要であるか考えることが、今、最も重要な課題であります。
 また、9月1日の自民党金沢支部大会では支部長を仰せつかり、すでに県市議会の議員や党員の皆さんとともに多くの仕事に取り組んでいるところでありますが、衆議院は常在戦場と言われるとおり、解散総選挙は、いつ行われるか分かりません。我が石川一区では、馳浩代議士の当選こそが、金沢市の発展に繋がるという信念のもと、しっかりと頑張って行きたいと思います。 
 いずれにしろ、政治は皆様の声を反映したものでなければ意味がなく、暮らしと政治をいつも身近に結びつけ 「家庭での率直な声を県政に届ける」 ことが私の役割であり、お年寄り、病気、障害で苦しむ方々など「弱い立場の皆さん」のことはもとより、教育・スポーツ・福祉問題、加えて地域の問題などについて、これからも皆さんと共に考え、喜んでいただける仕事ができるよう全力で取り組んでまいりたいと思います。
 皆さんのご支援ご指導ご鞭撻を心よりお願い申し上げ、ごあいさつに代えさせていただきます。


敬 具
平成19年11月吉日

石川県議会議員
ひもの義昭