ごあいさつ
 当初議会での一時質問 H16

拝 啓

 今年は早かった桜の花もあっという間に終わってしまいましたが、新年度を迎え慌ただしい中にも、皆さまにはご家族お揃いで健やかにお過ごしのことと存じます。
私も皆さまからの日頃よりのお支えのおかげで毎日元気一杯活動できると、心より感謝しているところであります。
 世界は相変わらずイラク戦争、さらには北朝鮮に関わる問題もあり、まだ不安感で一杯であります。国内では経済が少し先行きが見えてきたとはいうものの、雇用など諸情勢の厳しさも 変わっておらず、地方ではまだまだ実感はないのが現状であります。
 いずれにしろ、いつも申し上げている通り、政治は皆さまの声を反映したものでなければ意味がなく、暮らしと政治を結びつけること、つまり「家庭での声を県政に届ける」ことが 私の役割であり、これからも「皆さまにお役に立てる仕事をしたい」という言葉をつぶやきながら、皆さまと一緒に頑張って行きたいと考えていますので、引き続きのご支援ご指導をお願い申し上げます。
 さて、2月24日から3月19日にかけて開かれた平成16年当初議会では組織の改編が行われ、私は議会選出の監査委員に満場一致で選任されました。年に100日余り、出席が必要とされ、 益々多忙になることが予想されますが、大切な役割でありますので、その職務を一生懸命果たして行きたいと思いますし、そのことで後援会の皆さまにご迷惑をおかけしないようにと考えております。
 また、所属委員会は、総務企画常任委員会、公社外郭団体等特別委員会所属となりましたので、ご報告させていただきます。

敬 具
平成16年4月

石川県議会議員
ひもの義昭