謹 啓

 さわやかな新緑の季節を迎え、皆様にはますますお元気でお過ごしのことと存じます。私もお陰様で元気一杯活動しております。皆様の日頃よりのご支援ご協力に心から感謝申し上げます。
 いうまでもなく、国・地方問わず政治家を信頼し政治に期待をもつことは、大変大切であり、小泉政権には、日本の繁栄、国民の幸せのため着実に新しい時代での日本の発展に向け努力を続けていただきたいと思います。
 さて間もなく、参議院選挙が行われます。この機会を通じ、未来に責任を取れる政党はどこなのか、政治家は誰なのか。私達は、真剣に考えなければならないと思います。まず大切なのは、政治家の視点です。時代を見据えた長期的な視点が必要でありますが、現在は変革も求められています。しかしそれは、あくまでも安定の中での変革です。現状をただ打破するだけの変革は、未来の基礎をなす今を生きる人々の安定を否定します。住民との暮らしを見つめる住民からの視点、これとの調和を考えてこそ、未来に責任のとれる政党であり、政治家だと思います。したがって、小泉ブームであるから言うのではありませんが、皆さんの信頼に応えられる政党は、やはり自民党しかないと思います。この参議院議員選挙に自信をもって素晴らしい人材を送り出すのが私共の責任であり、自民党に偏見をもたず、国民の皆さんが投票の意志決定をしなければならないと思います。
 一方景気の方は、地方でいまだ回復感はなくここ数ヶ月は、国全体でも下方修正ばかりの暗い状態であります。引き続きの更なる努力が必要でありますが、石川県でもこれらの課題について知事のもう一歩踏み込んだメリハリの効いた取り組みを望みたいと思います。
 私も、これから「幸せを創ろう!」をスローガンに、日々皆さんの声をできるだけ多くの方からお聞きすることに努力をし、その実現を目指し「皆さんに喜んでいただける仕事」に全力で取り組んでまいりたいと思います。どうぞ、ご意見やアドバイスをお寄せ下さい。
 それでは、変わらぬご指導ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げ、ごあいさつと致します。
敬 具
平成13年 5月
石川県議会議員
ひもの義昭