みなさまへ


謹 啓

 みなさま、お元気でしょうか?
日頃のご支援ご協力に心より感謝いたします。本当にありがとうございます。
 中央政界では、小渕総理が突然、病に倒れ、そして亡くなられました。又、竹下登元総理・梶山静六元幹事長も続いて逝かれました。
 一つの時代が終わったことを感じますが、立ち止まることのできないのが政治であります。そんな厳しい情勢の中総選挙が行われ、結果的には、自公保による3党連立政権は安定過半数を確保したものの、選挙結果では国民が考えているこの国の行く末は、必ずしも明確にならなかったように思います。
 しかし石川県では、一区・馳浩さん、二区・森喜朗さん、三区・瓦力さんそして参議院選挙では、沓掛哲男さん、私どもの支援する候補者は全て当選させていただきました。ご迷惑な点も多かったと存じますが、何卒ご容赦下さいますようお願い申し上げます。本当にお世話になりありがとうございました。さて、内閣支持率は厳しい数字を示しているようでありますが、幸い、本県内での支持率は高いのが救いであります。県人首相・森喜朗総理大臣には、これから更に努力を続けていただき、日本のため働いていただきたいと思います。心配な景気のほうは、明かりは見えてきたと言うものの、特に地方ではいまだ回復を感じることもできず、まだまだ厳しい時代が続きそうでありますが、とにかく頑張って行かなければと思います。
 私も、みなさまに昨年末の病気入院で大変ご心配をおかけ致しましたが、この選挙戦の間、元気に活動することができました。又、身体の回復も実感することができ、とても喜んでおります。重ねて感謝申し上げます。これからも「しあわせを創ろう!」をスローガンに、日々皆さんの声を誠心誠意、できるだけ多くの方からお聞きすることに努力をし、引き続きその実現を目指し「皆さんに喜んでいただける仕事」に全力で取り組んでまいりたいと思います。

 変わらぬご支援ご指導を賜りますようお願い申し上げ、ごあいさつと致します。
敬 具
平成十二年 七月 吉日
石川県議会議員
ひもの義昭